Things

REPORT

写真史を記述する
偶然の眼差し

神田錦町からもほど近いギャラリーThe Whiteで企画展、金村修、タカザワケンジ展「写真史(仮)」が6月3日まで開催中。

写真史に名を残す数々の写真集は、その時代を映し出すと同時に、時代を離れても普遍的な価値を持ちうる作家個人の眼差しの現れである。

本展には、そんな古今東西の写真集のページの複写が延々と続く。ここに写し出されているものは、写真の歴史を自分ごとに身体化するプロセス、あるいはインターバル撮影による複写の合間に、たまたまうつってしまったという、ページをめくる手をみつめるもうひとつのまなざしという、写真ならではの二重構造でもある。

ギャラリーに据付けられたテレビモニターには、都市の映像の断片が写し出されている。たくみに編集された「Animals(For Garry Winogrand)」と題された映像作品からは、耳を澄まさなければ聴こえてこない、都市のアノニマスな息づかいが聴こえてくる。

ちょうどギャラリーの入っているビルの向かいでは、マンション工事の真っ最中。
ギャラリーで上映される映像の中の雑踏の音と、外のミキサー車のハザードランプの音とが重なる。白い小さな部屋に、感情に肉薄する都市の相貌が重なりあっているように感じて、ハッとした。

  • 金村修、タカザワケンジ展「写真史(仮)」
  • 住所: 千代田区猿楽町2-2-1 #203
  • 開催日時: 開催中~6月3日(土) / 13:00~19:00

RELATED POST