Things

REPORT

テラススクエアフォトエキシビョンvol.7
清永 洋「Plenum」スタートいたしました

テラススクエアフォトエキシビションVol.7 清永 洋「Plenum」。
9月5日よりスタートいたしました。

今回の展示のタイトルは「Plenum」(プレナム)。この言葉は、物質が充満した空間、外側より高圧、充実といった意味を持っています。
どこか独特な空気感に満たされた、清永さんの作品に向き合うときに、ピッタリな言葉のような気がします。
(会場写真撮影:清永洋)

テラススクエアのロビーに出現する、夜間、長時間露光の手法を用いて撮影された黒松の写真。単なる植物写真や風景写真とは、まったく異なる作品をぜひご覧ください。

そして9月15日(金)19時からは、作家である写真家の清永洋さんと、本展ディレクターの一人である「森岡書店」の森岡督行さん、ensemble magazineの編集長でもあるジャーナリストの加藤孝司によるトークイベントも行います。イベント後には懇親会も行います。ぜひ、会場にお越しください。

清永洋 Plenum
これまで土地の持つ固有の気配や、自然の神秘性をテーマに撮影してきた清永が辿り着いたひとつの場所は、東京の中心ともいえる皇居前広場でした。
そこは、約2千本の黒松が作りだす凛然とした空気に満たされた、濃密で神秘的な空間。特に夜はひっそりと静まり返り、空間の純度はさらに研ぎ澄まされていく。
本展では長時間露光の手法を用いて、それら黒松と周囲を満たす
独特な空気を時間をかけて丁寧に写し取った作品を展示いたします。

プロフィール
清永洋(きよなが・ひろし)
写真家。1975年福岡生まれ。九州芸術工科大学卒業後、会社員を経て、独学で写真を学び2003年に独立。主に雑誌や書籍、Web、広告の分野で活動している。

  • テラススクエアフォトエキシビションVol.7
    清永 洋「Plenum」
  • 住所: 千代田区神田錦町3-22 テラススクエア 1F エントランスロビー
  • 開催日時: 2017年9月5日 (火)~11月30日(金) / 8:00~20:00
  • 休館日: 土曜・日曜・祝日
  • 入場無料

  • オープニングトークイベント&レセプション
  • 開催日: 2017年9月15日 (金)
  • 【トークイベント】 1F エントランスロビー ※19:00~20:00頃まで
  • 【レセプション】 2F テラステーブル ※20:00~22:00頃まで
  • 参加費:無料・予約不要

RELATED POST