Things

REPORT

この秋のセイズデイズ。

富山県氷見市にあるワイナリー、SAYSFARMに今年も行ってきました。
季節は秋。一年に一度のセイズファームの収穫祭、「SAYSDAYS」が今年も開催されました。

セイズファームは遠くに立山連峰を望み、氷見湾を見下ろす高台に位置するワイナリー、ファーム、レストランと小さなホテルです。小高い丘に開墾されたぶどう畑にはたくさんのぶどうの樹が植えられています。
この日は前日までの台風が嘘のような、どこまでも澄みわたる青空が広がる秋の一日。
心地よい風が草木の上を通り過ぎ、都会ではあまり見かけなくなったトンボたちが収穫祭を祝うかのように飛び交っていました。

セイズデイズの二日間はこのワイナリーにとっても特別な2 DAYS。
特別に招かれたゲストたちと、丘の上のこのワイナリーを愛する人たちが県内県外から足を運びます。今年もこの季節を迎えることが出来た喜びを、セイズファームで作られたワインと、この土地で作られる料理やスイーツなどとともに楽しみます。

2 DAYSの二日目に訪れたensemble編集部と仲間たち。地域の方々に混じりながら、美味しいワイン、そしてセイズファームが作る美味しいフルーツジュース、そしてフードを満喫しました。

青空の下、この日もスペシャルなライブが開催されました。出演は昨年に引き続きアーティストの小宮山雄飛さん、HanaiSpring GATZ、海野俊輔トリオ。
心地よいほろ酔いの気分の中、音楽に身を委ねる至福の時を過ごしました。

セイズデイズが過ぎるとファームでは冬を迎える支度が始まります。そして神田錦町の私たちのアーバンビンヤードでは年が明け、夏を過ぎた頃に初の収穫を迎えます。

都会のビルの屋上にたくましく育つ、ぶどうの樹たちにこの街の成長を重ね、たわわに実るぶどうの果実に人々の繋がりを重ね合わせます。

来月11月10日には、アーバンビンヤード二度目の収穫祭「ensemble – urban vineyard kanda-nishikicho -2018」が開催されます。こちらにもどうぞご期待ください。

写真と文=加藤孝司

RELATED POST