Things

REPORT

葡萄が実りました。
2018年盛夏のアーバンビンヤード。

美しい器に盛られたふくよかな葡萄。
この葡萄は二年目を迎えたテラススクエアの葡萄畑、アーバンビンヤードで収穫された一房の葡萄です。
一粒口にしたら、甘い葡萄の香りが口いっぱいに広がりました。

アーバンビンヤードは、富山県氷見市のワイナリーSAYS FARMと神田エリアに拠点を構える7社との共同プロジェクトです

ビルの屋上の葡萄畑にしっかりと根付いたピノ・ノワール種の葡萄の樹たち。
都会のビル風と乾燥に負けることなく逞しく育った幹から伸びる大きな葉っぱは、太陽の陽をたっぷりと浴びて葡萄畑いっぱいに青々と茂っています。
実は畑には定点観測用のカメラが設置され、葡萄の樹の成長は人の目と手によりしっかりと見守られているのです。

いよいよ来年の夏には、2020年のアーバンビンヤード初のワイン醸造にむけて収穫が行われます。そしてこの秋には昨年に続き二度目のワインイベントも開催されます。皆様に心から楽しんでいただける企画を準備中です。どうぞご期待ください。

写真と文=加藤孝司

RELATED POST